建築撮影について

建築写真家の目線

建築写真撮影において重要なことは、その建築物のどの部分をどのような方法で写真に収めるのかを決定することです。
実際に撮影する前に、建築物の内外全体を確認し、最適な光で撮ることができる時間帯と場所をさぐります。

また写真というものは、三次元のモノを二次元に投影するわけですから、肉眼で見た通りには写りません。
眼前にある建築物がレンズを通して記録される場合にどのように写るのかを想定し、その建築物の魅力を一番引き立たせる構図で撮影する必要があるのです。

建築写真

撮影機材

各種Canon製TS-Eレンズや超広角レンズ、広角レンズ、標準レンズを用いて、パースペクティブを自在にコントロールして建築写真を撮影します。

35mmフルサイズ規格にて、超広角12mmからの歪みのない内観写真の撮影や、各種シフトレンズによる狭小地や引きの取れない状況でもパースを整えた建築撮影が可能です。

また、超高画素カメラを使用していますので、写真の一部分を拡大して使用する場合や、大判印刷する際にも高画質高精細にて利用可能です。

撮影現場では、大型スクリーンのiPadに撮影画像をリアルタイム表示させることで、現場にてクライアントチェックを行うことも可能です。

超広角レンズを使用する事で、玄関から階段まで空間の繋がりを1カットで表現することが可能になります。
建築竣工写真
超広角シフトレンズと大型三脚を使用することで、引きが取れない現場の状況でも7階建てのホテル外観をあおることなく撮影可能。

ドローンによる空撮

ドローンによる上空からの建築空撮にも対応しております。

今までであれば大型クレーン車を手配する必要があった建物上空からのアングルも、ドローンを活用することで同様のアングルはもちろん、クレーン利用時では不可能であった真俯瞰や高度の高いアングルも容易に可能になりました。

もちろん、費用の面でもオペレーター付きのクレーン車を手配するよりもはるかに安価に撮影することが可能です。

また、建築写真家本人がドローンで撮影し画像修正まで行うので、空撮においても建築撮影に特化した写真を撮影することができます。

ドローンに精通しているだけではなく、建築写真に精通していることが大きな強みです。

弊所では、通常の建築撮影に追加してドローン建築空撮をご依頼いただく場合には割引が適用できますので、どうぞドローンによる空撮もご検討ください。

(貝出写真事務所は全国包括飛行許可取得済みです)

ドローンによる建築物の空撮 ドローンによる建築物の空撮

Photoshopによる画像修正技術

日本で撮影される建築写真においては、道路幅や住宅の密集により不要物の除去などが必要とされる場面は多くなります。

弊所では簡易な修正(壁面などの汚れの修正、ナンバープレートの除去、床面のタイヤ痕除去など)は無料で施させていただき、下記のような大掛かりな修正はオプションにて承ります。
大掛かりな修正は都度お見積もりとなります。