TAG

CANON TS-E17mm F4L

FUJIFILM(富士フイルム)GFX100S レビュー

関西を拠点に活動しております、建築写真家の貝出翔太郎です。 富士フイルムの中判ミラーレスカメラ『FUJIFILM GFX100S』を導入してから、仕事やプライベートでの撮影で数ヶ月間使用してきたので、その実際の使用感などを建築写真家の目線からレビューします。 画質について FUJIFILMの色再現性 色に並々ならぬこだわりを持った富士フイルムなので、JPEG撮って出しの状態でとても良い色で描き出し […]

FUJIFILM GFX100Sを導入

FUJIFILM GFX100S 以前から購入するかもと言ってました、FUJIFILM(富士フイルム)の中判ミラーレスカメラ「GFX100S」を導入しました。 本当は発売が予定されている純正広角ズームレンズ「GF20-35mm」と、純正ティルトシフトレンズ「GF TILT/SHIFT LENS」が発売されてからと思っていたのですが、予定より早く購入することになりました。 あわせて純正Gマウントレン […]

ティルト・シフトレンズで建築写真を撮影する方法 Vol.2

前回の投稿(ティルト・シフトレンズで建築写真を撮影する方法 Vol.1)で紹介した内容は、ティルト・シフトレンズで真上方向へのシフト(ライズ)調整した場合の説明でした。 建築物の外観写真撮影時によく使うのは真上方向へのシフト(ライズ)調整ですが、ティルト・シフトレンズでは真上方向にシフトする以外にも様々な使い方が可能です。 今回は建築写真を撮影する際にティルト・シフトレンズで、実際にどのような調整 […]

広島県福山市で平屋戸建住宅の建築竣工写真撮影

広島県福山市にて、平屋戸建住宅の建築竣工写真撮影でした。 設計施工はいつもお世話になっている、テトラワークスさん。 日中、差し込んだ光が室内にほどよくまわる、心地のよい空間。 夜は多すぎない照明が、優しく庭を照らす。

超広角ティルト・シフトレンズ「Canon(キヤノン) TS-E17mm F4L」レビュー

 TS-E17mm F4Lとは 「 TS-E17mm F4L」は、Canon EFマウントの超広角ティルト・シフトレンズです。 ティルト・シフトレンズ自体の説明は、過去記事「ティルト・シフトレンズで建築写真を撮影する方法」をご覧ください。 発売は2009年なので、発展著しいデジタル一眼カメラの交換レンズとしてはかなり古い部類に入ります。(ちなみに「TS-E24mm F3.5L II」と同 […]

建築写真撮影におけるデジタルあおり補正(パース調整)の方法

今回は【建築写真撮影におけるデジタルあおり補正の方法】について解説します。 デジタルあおり補正の目的としては、通常の広角レンズ使用時でもティルト・シフトレンズであおり補正(パース調整)したかのような撮影結果を得ることにあります。 滅多にない建築写真撮影の為だけに高価な広角ティルト・シフトレンズを所有できない、といった方には非常に有益な方法だと思います。 *ティルト・シフトレンズについては別記事を参 […]

MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)で建築散歩

MIHO MUSEUM 滋賀県甲賀市信楽にある「MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)」へ建築巡りに行ってきました。 MIHO MUSEUMは1997年に開館した美術館で、設計・建築は「 I.M.Pei Architect」「紀萌館設計室」が手掛けております。 I.M.ペイ(イオ・ミン・ペイ)と言えば、パリのルーブル美術館前のルーブル・ピラミッドや、ボストンのジョン・F・ケネディ図書館などを […]

ティルト・シフトレンズで建築写真を撮影する方法 Vol.1

建築写真撮影で必須であるといってもいい撮影機材に、「ティルト・シフトレンズ」(別名:アオリレンズ)というものがあります。 「ティルト・シフトレンズ」は非常に特殊なレンズであって、所有しているカメラマンの絶対数が少ないのかネットなどで調べてみてもあまり有益な情報がない気がします。 今回はそんな「ティルト・シフトレンズ」について、建築撮影の現場で長年ティルト・シフトレンズを使用してきた経験を交えて詳し […]